logo

キヤノンITSとオラクル、営業支援システム導入サービス「SFAスターターパック」を提供開始

富永恭子(ロビンソン)2010年07月16日 17時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)と日本オラクルは7月15日、オラクルのCRMアプリケーション「Siebel CRM」を活用したサービスメニュー「SFAスターターパック」の提供を開始した。

 Siebel CRMは、オラクルの中堅企業向けパートナー支援プログラム「Oracle Accelerate」において認定された「顧客主体経営」を実現するソリューション。既存顧客のロイヤリティを向上する「ロイヤリティ管理機能」、潜在顧客を引き出す「マーケティング機能」、顧客との直接の接点業務を支える「コールセンター機能」、顧客維持を支える「フィールドサービス機能」などを包括的に提供する。部門間の連携を図ることで、SFAフェーズからCRMフェーズへ機能拡張し、スピード経営へ呼応していくことができるという。

 SFAスターターパックは、Siebel CRMを使った営業支援システム(SFA)の導入サービスとなる。キヤノンITSでは、オラクルのSiebel CRMによるCRM構築で、流通業界や製造業界などを中心に多くの開発実績と業務知識を持つという。SFAスターターパックでは、これらのノウハウを整理した固有の開発方法を用いることで、SFAの導入期間と導入コストを大幅に低減したとしている。

 SFAスターターパックでは、パッケージを利用した短期導入手法であるWDS(Workshop:作業分析、Development:設計、Settlement:定着)を採用している。検討段階で無償のWorkshopを実施し、サービスの適合性を分析。Developmentでは、過去のノウハウを集約した設計書および設計標準を使用し、Siebelコンサルタント有資格者がキヤノンITS独自の開発標準に沿った開発を行うことで、作業の増加を排除し、開発期間およびコストの低減を図る。これにより、通常10カ月以上かかることの多いSFA構築において、主要素となる「顧客管理」「活動管理」「商談管理」を約4カ月間で導入できるという。また、Settlementとして、導入後の定着化に向けた支援サービスをオプションとして用意している。

 スターターパック価格には、ライセンス、サーバ、システム構築費用が含まれ、50ライセンスの場合3500万円から導入が可能という。

-PR-企画特集