logo

Windows Azureを富士通ブランドで提供:MSと富士通の協業詳細が明らかに - (page 2)

冨田秀継(編集部)2010年07月13日 18時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Windows Azure platform appliance」とは何か?

 Windows Azure platformは大きく分けて、クラウドOSの「Windows Azure」と、クラウド上のリレーショナルデータベース「SQL Azure」という2つのコンポーネントから成り立っている。Windows Azureは、基本的にはMicrosoftのデータセンターで運営されているサービスで、ユーザー企業が自社内で活用したいという要望にはほとんど応えることができなかった。

 そこに登場したのが、Windows Azure platform applianceだ。

 マイクロソフト 業務執行役員 エンタープライズパートナー営業統括本部長の五十嵐光喜氏は、「データやハードウェアを自社で持ちたい、コントロールしたいといったニーズが非常に高まっていた」と述べ、アプライアンス製品登場の背景を説明する。

 Microsoftでは、Windows ServerとSQL Server、System Centerを活用すれば、プライベートクラウド環境を構築できると説明していたが、数千台規模のサーバを管理運用する大企業が移行するのは現実的ではなかった。そこで今回、アプライアンスとして製品を提供することで、Windows Azureを自社内にサービスとして提供できるというモデルを考案した。

富士通 常務理事 サービスビジネス本部長の阿部孝明氏(左)と、マイクロソフト 業務執行役員 エンタープライズパートナー営業統括本部長の五十嵐光喜氏 富士通 常務理事 サービスビジネス本部長の阿部孝明氏(左)と、マイクロソフト 業務執行役員 エンタープライズパートナー営業統括本部長の五十嵐光喜氏

 Windows Azure platform applianceは、大企業やサービスプロバイダーなどの大規模環境向けの製品。販売パートナーには富士通だけでなく、DellとHewlett-Packardも名を連ねている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]