logo

日本IBM、クラウド管理の自動化を支援する新製品を従来の約半額で提供

ZDNet Japan Staff2010年07月07日 18時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは7月7日、クラウド提供基盤におけるサービス管理の自動化を支援するソフトウェア「IBM Tivoli Provisioning Manager(TPM) V7.2」を発表した。7月9日より提供を開始する。

 TPMは、仮想化されたサーバやストレージなどをプール化し、クラウドなどのITサービスを容易かつ迅速に提供(プロビジョニング)できる自動化の仕組みを提供する製品。例えば、新たに仮想サーバを作成する場合、申請、承認のワークフロー、サーバ資源やディスクの割り当て、ネットワークの設定変更、OSやミドルウェアの導入、新しいアプリケーション向けの設定などを、TPMにより自動化できる。

 新バージョンでは、異なる仮想化ソフト同士で仮想マシンのイメージファイルをやりとりするための標準フォーマット「OVF(Open Virtualization Format)」をサポートする。これにより、異なるハイパーバイザ間での仮想イメージの移行を容易に行えるという。また、数百におよぶプロビジョニングの同時実行が可能になり、クラウド環境下での拡張性がより向上するとしている。また、従来より価格を約半額に下げて提供する。

 さらに同日、利用者自身がTPMに必要なサービスをリクエストするセルフサービスポータル機能や、利用可能な標準化されたサービス一覧をカタログ化したサービスカタログ機能などをテンプレートとして追加した製品「IBM Tivoli Service Automation Manager」の新版も、従来の約半額で7月9日より提供を開始するという。

 税別価格は、IBM Tivoli Provisioning Manager V7.2が8万8500円より。IBM Tivoli Service Automation Manager V7.2.1が11万8500円より。

-PR-企画特集