グーグル、中国での運用を再変更--Google.com.hkへの自動リダイレクトを中止

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年06月29日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間6月28日、中国における同社検索サービスに関する方針として、Google.cnへの訪問者をGoogle.com.hkへと自動的にリダイレクトすることを中止すると発表した。

 自動リダイレクト中止の理由としてGoogleは、6月30日に失効するInternet Content Provider(ICP)ライセンスの更新を中国側が認めない考えであることを挙げている。Googleは3月、中国本土で事業を行う企業に求められる検閲法を回避する手段として、同社中国語検索事業を香港に移していた。

 Google.com.hkへの自動リダイレクトの代替手段として、Googleは、Google.cnにランディングページを作成し、同ページからユーザーをGoogle.com.hkサイトへと誘導することを開始したことを明らかにした。このランディングページには、Google.com.hkサイトへのリンクがあるだけで、ユーザーはこのリンクをクリックすることでGoogle.com.hkへと移動ができる。このランディングページにより、ユーザーは、フィルタリングなしで同社が提供する検索サービスを継続して利用できる、と同社は述べている。

 Googleは、この対応策に基づいてICPライセンスの更新を再申請したと述べている。同社は、「ライセンスが更新され、中国ユーザーにGoogle.cn経由でサービスの提供が継続できることを希望している」と語っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加