logo

キヤノン、指紋認証とタッチパネル搭載のネットワークスキャナー「ScanFront 300P」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパンは6月24日、ドキュメントスキャナ 「imageFORMULA(イメージフォーミュラ)」シリーズの、ネットワークスキャナ「ScanFront(スキャンフロント) 300P」を発表した。7月下旬に発売する。価格は24万8000円(税別)になる。

 ScanFront 300Pは、認証方式として、ユーザー名/パスワード認証と指紋認証を採用。ユーザーは最大100名まで登録でき、ログインにはユーザー名およびパスワード入力による認証と、指紋認証のいずれかを選択できる。ログイン後は専用のマイジョブボタン画面に直接アクセスし、スキャン作業が可能だ。

 8.4インチのタッチパネル式SVGAワイド液晶を搭載。スキャンしたデータの表示、ページスクロールや回転、拡大、表示部分の移動などを指で操作できる。

 ネットワークを活かしたスキャン機能により、スキャンデータをPCやサーバの共有フォルダへ保存できるほか、メール送信、FAX送信やプリンタ出力などに対応するとしている。

 カラー毎分25枚、モノクロ毎分30枚(いずれもA4縦、200dpi時)の高速スキャンを実現。両面を同時に読み取る「1パス両面スキャン」も備える。

 本体は省スペース設計で、未使用時は給紙、排紙トレイを折りたためる。給紙トレイ開状態での本体サイズは高さ298mm×幅310mm×奥行き571mmで、重量は約3.6kgになる。

ScanFront 300P ネットワークスキャナー「ScanFront 300P」
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集