マイクロソフト、「Google Apps」からBPOSに移行した顧客事例を紹介

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子2010年06月23日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 少し前にAppleは、Windows PCからMacに乗り換えたWindowsユーザーに焦点を当てた“乗り換え”キャンペーンを展開した。

 MicrosoftはAppleのこのキャンペーンにヒントを得て、「Google Apps」からMicrosoftのオンラインホスティングサービスに移行した顧客にフォーカスしたキャンペーンを展開している。


 Microsoftは2010年5月、Google AppsからMicrosoftの「Business Productivity Online Suite(BPOS)」に乗り換えたSerena Softwareの事例を(かなり巧妙な方法で)宣伝した。SerenaはGoogle Appsの顔だったことを考えると、Microsoftがあまりしつこく強調しなかったことにわたし個人は驚いた。SerenaがGoogle Appsを捨ててMicrosoftに戻るまでには紆余曲折があったようで、うわさでは、MicrosoftがSerenaに割引価格を提供した--無料にしたのではなく、魅力的なライセンス条件を提示したといわれている。だが、これまでのところ、SerenaもMicrosoftも取引内容について詳細情報を公開していない(Serenaの“公式”声明文以外は)。

 時を同じくして、数年前にGoogle Appsのサポートを開始した発言力のある大手再販パートナーCapgeminiもBPOSへの忠誠を表明している。

 米国時間6月21日、Microsoftは自社ブログ「Why Microsoft」で、Google Appsから移行した事例として、China NavigationとIntero Real Estateの2社を紹介している。

 China Navigationは従業員300人で、「サポートと信頼性の問題」からGoogle AppsからBPOSに移行したという。一方、米カリフォルニア州のGoogle本社“Googleplex”に近いところにあるという2000人の従業員を抱えるIntero Real Estateは、グループポリシー管理などのエンタープライズ級の機能が必要だったからMicrosoftに移行したとのことだ。Intero Real EstateにとってGoogle Appsの機能はシンプルすぎた、とMicrosoftは記している。

 以下は、Why Microsoftブログからの引用だ。

「15人程度の小規模チームをGoogle Appsにマイグレーションすることと、2000人以上の全ユーザーを動かすのとはまったく違うことだと思う」とIntero Real Estate ServiceのITディレクターEric Rees氏は述べている。

 (この注意深い言葉遣いからすると、InteroはGoogle Appsを完全に捨てたわけではないように見える。詳細がわかれば追加で報告したい)。

 事例で紹介された顧客から直接話を聞いたわけではないし、Googleからも話を聞いていない。だが、MicrosoftがBPOSで攻勢に出ている--「Office」でも「SharePoint」でも、このような攻勢に出たことはない--のは興味深い。クラウドホスティングアプリケーション分野は、自制のない激しい戦いになるのかもしれない。

 Googleや顧客からなにか情報があれば、このブログで報告したい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加