logo

グーグルの「Street View」撮影用車両による個人情報収集、フランスでも明らかに

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子2010年06月22日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleはフランスにあるオープンなWi-Fiスポットで検出されたデータを傍受、記録し、パスワードや電子メールを収集していたと、フランスの情報処理と自由に関する国家委員会(CNIL)が発表した。

 CNILがこの件に関する調査を始めたのは6月に入ってからで、Googleのマッピングサービス「Street View」用のデータを収集するために世界各所を走り回っている車両が、公共のWi-Fiスポットから個人情報を断片的に取得していたことをGoogleが認めたのを受けての調査だった。Googleは30カ国でデータを収集しており、国によっては同社に対してデータの削除を求めているが、フランス、スペイン、ドイツ、およびイタリアは、調査のためにデータを保存しておくよう求めていた。

 Googleの主張によれば、Street View撮影用車両は常に移動しており、情報が収集されたのはセキュリティ対策の不十分なWi-Fiネットワークが使われている場所を通過した場合に限られるため、収集されたのは断片的なペイロードデータだけだったという。また、これは誤って収集されたものだと同社は主張している。データ収集のために記述されたコードは、2006年に開始された実験的なWi-Fiプロジェクトの一部だった。2007年にStreet View向けの新たなWi-Fiプロジェクトを開始したときに、エンジニアがペイロード情報を収集するものだと気づかないまま、古いコードを含めてしまったのだと、Googleは説明していた。

 米国では、Googleに対する訴訟がすでに起こされており、議会指導者たちも調査にとりかかっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集