写真で見る新「Mac mini」--アルミニウム製ユニボディ、メモリ交換も容易に

坂本純子(編集部)2010年06月16日 21時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アップルは6月15日、新「Mac mini」を発表した。初めて登場した2005年1月の発表から5年、1枚のアルミ板から削り出された継ぎ目のないアルミニウム製ユニボディにフルモデルチェンジした。デザインのみならず、従来モデルよりも最大2倍速になったグラフィックス、HDMIポートやSDカードスロットを備え、さらにパワーアップした。

 アップルによれば、iPhoneやiPadのみならず、Mac本体も好調だという。1月〜3月はポータブル市場全体の伸びよりも前年同期比で5倍成長し、4月の「MacBook Pro」により10倍、5月の「MacBook」により11倍成長したとアピールする。

 売れている理由について「iPhoneなどで使いやすさを実感し、WindowsからMacへ乗り換えてきている」とした。Mac miniは、アップルのラインアップとして最も低価格なデスクトップPCだ。キーボードやマウスなども付属しない。もっともシンプルなモデルを投入し、さらなる成長を促進したい考えだ。

 写真は、Mac OS X Snow Leopardを搭載したモデル(左)とSnow Leopard Server搭載モデル(右)の2種類をラインアップしている。大きさやデザインはまったく同じで、光学ドライブの有無の違いがある。

 アップルは6月15日、新「Mac mini」を発表した。初めて登場した2005年1月の発表から5年、1枚のアルミ板から削り出された継ぎ目のないアルミニウム製ユニボディにフルモデルチェンジした。デザインのみならず、従来モデルよりも最大2倍速になったグラフィックス、HDMIポートやSDカードスロットを備え、さらにパワーアップした。

 アップルによれば、iPhoneやiPadのみならず、Mac本体も好調だという。1月〜3月はポータブル市場全体の伸びよりも前年同期比で5倍成長し、4月の「MacBook Pro」により10倍、5月の「MacBook」により11倍成長したとアピールする。

 売れている理由について「iPhoneなどで使いやすさを実感し、WindowsからMacへ乗り換えてきている」とした。Mac miniは、アップルのラインアップとして最も低価格なデスクトップPCだ。キーボードやマウスなども付属しない。もっともシンプルなモデルを投入し、さらなる成長を促進したい考えだ。

 写真は、Mac OS X Snow Leopardを搭載したモデル(左)とSnow Leopard Server搭載モデル(右)の2種類をラインアップしている。大きさやデザインはまったく同じで、光学ドライブの有無の違いがある。

 アップルは6月15日、新「Mac mini」を発表した。初めて登場した2005年1月の発表から5年、1枚のアルミ板から削り出された継ぎ目のないアルミニウム製ユニボディにフルモデルチェンジした。デザインのみならず、従来モデルよりも最大2倍速になったグラフィックス、HDMIポートやSDカードスロットを備え、さらにパワーアップした。  アップルによれば、iPhoneやiPadのみならず、Mac本体も好調だという。1月〜3月はポータブル市場全体の伸びよりも前年同期比で5倍成長し、4月の「MacBook Pro」により10倍、5月の「MacBook」により11倍成長したとアピールする。  売れている理由について「iPhoneなどで使いやすさを実感し、WindowsからMacへ乗り換えてきている」とした。Mac miniは、アップルのラインアップとして最も低価格なデスクトップPCだ。キーボードやマウスなども付属しない。もっともシンプルなモデルを投入し、さらなる成長を促進したい考えだ。  写真は、Mac OS X Snow Leopardを搭載したモデル(左)とSnow Leopard Server搭載モデル(右)の2種類をラインアップしている。大きさやデザインはまったく同じで、光学ドライブの有無の違いがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加