logo

パナソニック、新W保護膜「タフコート」採用のBlu-ray Disc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは6月14日、汚れや指紋、傷、打痕に強いW保護膜「タフコート」を採用した、録画用Blu-ray Discを発表した。インクジェットプリンタ対応の27種類と、デザインディスクシリーズ18種類の計45種類を、7月15日に発売する。価格はオープン。

 いずれも、高剛性の「ハードコート層」と高弾性の「カバー層」を組み合わせたタフコートを採用し、日常使用時に生じる指紋、傷などに強いディスクになっているという。LM-BEシリーズと、LM-BRシリーズをそろえる。

  • ホワイト・インクジェットプリンタ対応

  • デザインディスクシリーズ

 「ホワイト・インクジェットプリンター対応ディスクレーベル」は、タイトルや写真が印刷でき、水性ペンや油性ペンでも自由に書込みできるワイド印刷エリア(内径22mm〜外径118mm)を採用した。

 「デザインディスクシリーズ」は、「Aroma(アロマ)」、「GEAR(ギア)」、「Elegance(エレガンス)」、「Grace(グレイス)」の4シリーズをそろえる。録画後にディスクレーベル面に油性ペンでタイトルを記入するだけで、簡単にオルジナルディスクが作成できるとしている。

 なお、一部の製品には、汚れなどを簡単に拭き取れる「パナソニックの特性クリーニングクロス」や、油性ペン2色とプレート2枚をセットにした特典「ジブンタブル」が付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集