えっ、保険付き?トンデモケータイ、台湾に進出--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやくケータイにご対面

 台湾のケータイのお話やらオマケの保険の話が長くなってしまったが、さっそくT188本体を見てみよう。端末のデザインは薄型でちょっと独特な形状だ。数字キーの配列も右段にゼロキーのある特殊なもの。キーの間隔が微妙に開いているあたり間延びした印象も受けるが、これなら押し間違いもなく使いやすいかもしれない。

 でも全体のデザインはなんとなーくNokiaの某端末に似ていないこともない。方向キーの左右にメニューキーと音楽再生キーを配置しているあたりなんかもなんとなく、だ。おそらくこのデザインになるまでにオリジナルのNokiaの形をコピーしていき、段々とオリジナリティを追加していくうちにここまで変形しちゃったんじゃないだろうか?両者は親戚関係と思えるようなデザイン上の類似があるように思えるのだ。

 背面を見てみると、メーカー名があるだけのシンプルな電池カバー、そしてその上部には2メガピクセルのカメラを備えている。背面のデザインも比べてみるとやっぱり似ているんだけど、まぁイメージはだいぶ違っているし誰もそこまでは気にしないか。むしろ上品に仕上げられている全体のデザインをほめてあげるべき。一体感ある背面はなかなか悪くない感じである。

 電池カバーを開けてみればおなじみのDual SIMカードスロット、そしてmicro SDカードスロットが備わっている。SIMカードは上下2段に入れるタイプで、ちゃんとイラストで明記されているのがありがたい。筆者は以前、このタイプのトンデモケータイを買ったもののSIMカードの入れ方が不明で、どうやっても1枚しか使うことができなかったこともある。このあたりは台湾向けってことでちゃんとしているのかな?

 なお本体背面内部の左側を見ると、何やら上下方向に細長いスキマが開いている。この形状、おそらくここにTVアンテナが入るようになっているのではないだろうか。トンデモケータイはアナログTVチューナ内蔵が多いのだが、このT188はTV機能は非搭載であるようだ。台湾はケーブルTVが普及しており、ケータイで地上波のアナログTVを見る人がいないってことなのだろう。

T188本体とようやくご対面。数字キーの雰囲気がちょっと特殊だ T188本体とようやくご対面。数字キーの雰囲気がちょっと特殊だ※クリックすると拡大画像が見られます
なんとなくNokiaの名機、E71に似ていないこともない なんとなくNokiaの名機、E71に似ていないことも無い※クリックすると拡大画像が見られます
本体も薄い。側面はmini USBポート 本体も薄い。側面はminiUSBポート※クリックすると拡大画像が見られます
結構美しい背面のデザイン 結構美しい背面のデザイン※クリックすると拡大画像が見られます
Dual SIMカード対応。本体左はTVアンテナのスペースかも Dual SIMカード対応。本体左はTVアンテナのスペースかも※クリックすると拡大画像が見られます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]