ソニー、音漏れを軽減するインナーイヤーヘッドホン

加納恵(編集部)2010年06月09日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月8日、重低音再生を強化したインナーイヤーヘッドホン「MDR-EX50LP/SP」(EX50LP/SP)と、ボリュームコントローラを付属した「MDR-EX58V」(EX58V)の3機種を発表した。6月21日に発売される。

 いずれも密閉式のインナーイヤーヘッドホンで、「音漏れしないこと」「遮音性が高いこと」などの点を重視するユーザーの声を反映させ開発されたという。

 空気調整孔に、高密度レジスターを装備し、重低音再生能力を強化させたとのこと。装着時により耳の奥まで密着させるアングルドイヤーピース構造により、装着感を高めたとしている。

 EX50LPとEX50SPの違いはコードの長さとカラーバリエーション。LPが1.2mで全10色、SPが0.6mで全3色のカラーバリエーションをそろえる。価格は2468円。

 EX58Vは、手元で音量調整ができるボリュームコントローラを搭載したモデル。コードは1.2mのものを採用している。価格は3098円。

  • 「MDR-EX50LP」

  • 「MDR-EX50SP」

  • 「MDR-EX58V」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加