Barnes & Noble、「iPad」向け電子書籍アプリをリリース

文:David Carnoy(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2010年05月28日 12時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comが「iPad」の米国発売日に間に合うようiPad向け「Kindle」アプリの立ち上げを準備したのに対し、Barnes & Nobleは「BN eReader for iPad」の公開をマイペースで進めていたが、ついにAppleの「App Store」から無料でダウンロードできるようになった。

 Amazonと同じくBarnes & Nobleも、「iPhone」「iPad」「BlackBerry」など幅広い人気モバイル機器から自社の電子書籍ストアにアクセスできるよう努めており、6月には「Android」スマートフォンがこれに加わる予定だ。利用者は1つのマスターデジタルライブラリにコンテンツを保存でき、複数のデバイス間を移動させることも可能だ。

 Barnes & Nobleは、BN eReader for iPadを最初から特にiPad向けに設計したと宣伝している。また、同社の電子書籍には貸し出しのオプションがあり、友人に一部の電子書籍を一時的に14日間貸せることを強調している。

 主な機能は以下の通り。

  • ライブラリの表示方法を2種類から選べる(ライブラリグリッドとライブラリリスト)
  • テキスト、ページ(背景)、ハイライト、リンクの色を選択できる
  • 書体は8種類、テキストサイズは5段階
  • 余白の取り方の種類が豊富で、スペースのオプションをカスタマイズできる
  • 「LendMe」機能(一部電子書籍を期間限定で貸し出し)
  • Barnes & Nobleの電子書籍ストアで購入したすべての電子書籍とほとんどの定期刊行物はiPadで利用可能
  • 辞書機能を内蔵
  • GoogleとWikipediaの統合で用語や言葉を素早く検索できる

 iPadで開いていた電子版の書籍、雑誌、新聞は、読んでいた最後のページをBN eReader対応のPCと同期できる。ただし残念ながら、iPadとiPhone(および「iPod touch」)間で読んだページを同期させる機能はまだない。Barnes & Nobleによると、iPhone向けアプリを完全に設計し直しているところで、2010年中のリリース時にページ同期機能が追加されるという。

Barnes & Noble 提供:Barnes & Noble

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加