logo

モジラ、「Firefox 4」リリース計画を明らかに--重要課題は速度

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年05月12日 07時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Mozillaは、「Firefox 4」を2010年10月または11月にリリースしたいと考えている。この新しいバージョンでは、速度の向上が目標の1つとなっている。

 Firefoxのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるMike Beltzner氏は米国時間5月11日のウェブキャストで、同ブラウザの計画について、「われわれにとって、とにかく性能が大きな課題である」と述べた。「既に性能改善を大きな目標として掲げている。あとは、それを実現しなければならない」(Beltzner氏)

 Firefox 4に対して計画されているその他の機能としては(ただし、計画は変更される可能性があるとMozillaは強く警告している)、「Windows」上の「Direct2D」による高速グラフィックスおよびテキストのサポート、タブの改善および強化による整ったユーザーインターフェース、いくつかの新しいウェブ技術のサポート、64ビット版、およびマルチタッチインターフェースとの互換性がある。

 性能は、ブラウザにおいて、多くのものを指す。例えば、プログラムの起動やウェブページの読み込みにかかる時間、新しいタブを開くなどのコマンドに対するユーザーインターフェースの応答性、ウェブベースのJavaScriptプログラムの実行速度などがある。Firefoxのプログラマーは、ウェブページの要素が画面上に表示される順序の変更や、ページ読み込みの進捗バーの表示形態など、速度の認知面での改善にも取り組む予定であるとBeltzner氏は述べた。

 速度は、5年前にリリースされたオープンソースブラウザFirefoxに対し、Mozillaが検討する多数の変更項目のうちの1つである。しかし、Firefoxの改善は現在、間違いなくそれ以上に大きな課題である。その理由としては、いくつかの要因が挙げられる。

 まず1つめは、Microsoftの「Internet Explorer 9」やウェブ上の強力企業Googleの「Chrome」など、競合製品の能力が高まっていることである。2つめは、膨大な数のユーザーに影響を与えることなく突然変更を加えることは難しいということである。Firefoxは、世界中で使用されるブラウザのおよそ4分の1を占める。3つめは、Firefoxが、PCから、ハードウェア要件が大きく異なる携帯電話やタブレットへと拡大しているということである。最後に、多数の新しい技術により、ブラウザはウェブアプリケーション向けの基盤へと大きく形を変えているが、それらの進歩の多くは、まったく確定した状態ではないということである。

 Beltzner氏は、この課題を認識している。

 「われわれは、競争に勝つことを目的としている」とBeltzner氏は述べた。「もはや簡単に勝てる競争ではない。かなりの労力を費やす必要がある。ユーザーに対するウェブのオープン性の維持を、われわれが主導するのだという点を確実にしなければならない」(Beltzner氏)

Firefox 4のデザイン。アドレスバーの上にタブがあり、ホームボタンがホームタブとなっている。 Firefox 4のデザイン。アドレスバーの上にタブがあり、ホームボタンがホームタブとなっている。
提供:Mozilla

-PR-企画特集