logo

AppleのFlash締め出しは「コンテンツ配信を難しくする」--Adobe経営陣が来日

岩本有平(編集部)2010年04月23日 13時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Creative Suite 5(CS5)の発売を5月28日に控える一方、AppleがiPhone OSのSDK利用規約変更によって実質的なFlash締め出しを実施するなど、さまざまな話題で注目を集めているAdobe Systems(Adobe)。そんな同社の経営陣がそろって来日。4月22日に都内で戦略発表会を開催した。

 Adobe社長兼CEOのShantanu Narayen氏はまず、最近のインターネットのトレンドについて語る。これまで閲覧することが目的だったウェブサイトのコンテンツの内容がよりリッチな“アプリケーション”化しており、コンテンツをただ作るだけでなく、そこからいかに収益を最大化できるかが重要になってきたと語り「我々はコンテンツを作るだけでなく、誰が見ているのかを理解して、デジタルコンテンツを最適化していく」ととした。これを裏付けるように、Adobeは2009年秋にOmnitureを買収しており、CS5でもOmniture製品との連携を図っている。

Adobe社長兼CEOのShantanu Narayen氏 Adobe社長兼CEOのShantanu Narayen氏

 そして、テレビやスマートフォン、ゲーム機などの非PCデバイスからのインターネットアクセスが増え、マルチスクリーン化、マルチデバイス化のニーズが高まっているとする。

 そのマルチスクリーン化の中核になるのは、Flashプラットフォームだ。Adobeコーポレートデベロップメント担当上級副社長のPaul Weiskopf氏は、「Flashはこの10年で、ビデオや音楽、ゲームなどのリッチインターネットアプリケーションで、ウェブ上での体験を進化させてきた」と語る。すでに世界のインターネット接続されているPCの98%ではFlashが動作すると説明し、「パブリッシャーだけでなくユーザーにとっても重要な位置付けになっている」(Weiskopf氏)とした。

 Adobeでは、数カ月以内にFlash Player 10.1とAIR 2を発表することを明らかにしているが、両製品ではAndroidなどスマートフォンに対応するなど、マルチスクリーン化施策も強化している。しかし、その一方で課題となるのはApple製品への対応だ。

Adobeコーポレートデベロップメント担当上級副社長のPaul Weiskoph氏 Adobeコーポレートデベロップメント担当上級副社長のPaul Weiskopf氏

 Appleでは、次期iPhone向けOSである「iPhone OS 4.0」のSDK利用規約で、互換ツールなどを利用して作成したアプリケーションを禁止している。Adobeでは、5月末に発売されるFlash CS5に、FlashコンテンツをiPhoneネイティブアプリケーションに変換できる機能「Packager for iPhone」を搭載しているが、これが実質利用できなくなる。

Adobeクリエイティブソリューション事業部門担当上級副社長兼ゼネラルマネージャーのJohn Loiacono氏 Adobeクリエイティブソリューション事業部門担当上級副社長兼ゼネラルマネージャーのJohn Loiacono氏

 Weiskopf氏はこのようなAppleの姿勢に対して「パブリッシャーにとってはコンテンツの配信を難しくし、ユーザーにとっては選択肢が狭まることになる」と批判。一度作成したコンテンツをさまざまなフォーマットでパブリッシュできることこそ重要だと訴えた。

 またAdobeクリエイティブソリューション事業部門担当上級副社長兼ゼネラルマネージャーのJohn Loiacono氏は、今後Packager for iPhoneの開発について投資をしないことを明言した。

 Loiacono氏は、発売を間近に控えるCS5についても紹介する。前バージョンであるCS4で既存ユーザーのアップデートが消極的だったことに触れ、「OSが刷新されつつある今こそアプリケーションを変更する絶好のタイミング。CS5は劇的な成長をしている」と語る。

-PR-企画特集