米ヤフー、第1四半期決算を発表--コスト削減などが奏功

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年04月21日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 広告事業の回復とコスト削減、Microsoftとの検索提携の成立により、Yahooの第1四半期(1-3月期)決算は大幅な増益を達成した。

 第1四半期の売上高は16億ドルで、前年同期からの上げ幅はわずか1%にとどまった。トラフィック獲得コストを除くと、純売上高は11億3000万ドルで、アナリスト予測の11億7000万ドルとほぼ同じだった。Yahooのサイト上のディスプレイ広告による売上高は、前年から20%増加した。

 純利益は3億1000万ドルだったが、これにはZimbraの売却や、2月に成立した検索提携の条件であるMicrosoftからの補償金の支払い開始などが含まれていた(編集部注:これに対し、前年同期の純利益は1億1800万ドルだった)。これらの項目を除いても、Yahooの第1四半期の1株あたり利益は15セントで、予測されていた11セントを上回った。

 Yahooにとってうれしいニュースは、営業利益が87%増加したことだ。これは、最高経営責任者(CEO)であるCarol Bartz氏が2009年第1四半期に開始したコスト削減への取り組みによるところが大きい。2010年第1四半期における総営業経費は前年同期と比べて7600万ドル減少した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加