シャープ、Blu-ray Disc内蔵「LED AQUOS」DXシリーズ登場--UV2A液晶を採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月20日、Blu-ray Discレコーダーを内蔵した液晶テレビ「LED AQUOS」DXシリーズに新製品として、52V型の「LC-52DX3」と46V型の「LC-46DX3」、40V型の「LC-40DX3」、32V型の「LC-32DX3」を追加した。カラーバリエーションも含めて8機種を揃える。6月10日に発売する。

 価格はオープンだが市場想定価格はLC-52DX3が40万円前後、LC-46DX3が33万円前後、LC-40DX3が23万円前後、LC-32DX3が16万円前後となる。

 また、Blu-ray Discレコーダー非搭載の26V型「AQUOS LC-26DV7」も5月20日に発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は14万円前後の見込み。

 今回の8機種は、Blu-ray内蔵モデルの第3弾。「UV2A技術」を採用した次世代液晶パネルと、高精度な発光制御が可能な「LEDバックライトシステム」を搭載した。シネマコントラスト500万対1の高画質を実現し、年間消費電力量は従来モデルに比べ約30%以上削減したという。

 別室の「AQUOSブルーレイ」で録画した番組を再生できる「ホームネットワーク」機能や、「AQUOSファミリンク」にも対応している。

 カラーバリエーションは、LC-52DX3とLC-46DX3がブラックのみ、LC-40DX3とLC-32DX3、LC-26DV7は、ブラックとホワイト、レッドの3色をラインアップした。

液晶テレビ「LED AQUOS」DXシリーズ 液晶テレビ「LED AQUOS」DXシリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加