logo

ソフトバンクモバイル、1.5GHz帯のLTE実証実験で下り約70Mbpsを達成

松田真理(マイカ)2010年04月01日 18時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは3月31日、2009年12月より「ユビキタス特区」プロジェクトで実施している、1.5GHz帯を用いたLTEシステムのフィールド実証実験において、伝送帯域幅10MHzで下り最大約70Mbpsのスループットを達成したと発表した。3GPP規格での最大伝送速度になるという。

 今回の実証実験は、福岡県北九州市および財団法人九州ヒューマンメディア創造センターの協力のもと、北九州市八幡東区内で実施した。実験用基地局の数は3局で、LTE標準仕様に準拠。基地局送信および移動局受信に、それぞれ最大2本のアンテナを用いた下りMIMO伝送を利用した。

 また、今回の実証実験では、複数の基地局装置を1カ所に集めて、基地局アンテナのみをビルの屋上に配置する「光張出し基地局構成」、隣接する基地局が協調制御して移動局と送受信する「複数基地局協調伝送方式(ECO-LTE)」の基礎実験も実施している。この結果、干渉を受けやすいセル境界で、スループットが大きく向上することを確認したとのことだ。

-PR-企画特集