logo

スタイリッシュで両面対応!の「謎」ケータイ--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 5)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱりトンデモなウィジェット画面

 ところで待ち受け画面をよーく見てみると、左下あたりに三角形のマークが見えている。これ何だろう?と思って触れてみたところ、某社のフルタッチケータイに類似した、左側面にウィジェットが格納された画面が出てくるではないか。うーんこのインターフェースは独自じゃなくそのまま真似しちゃっているのね。それぞれのウィジェットを待ち受け画面にドラッグ&ドロップして移動できるのも一緒だ。

 フルタッチ操作を使いやすくするためにこのようにしているのだろうけど、せっかくいい製品だけに中身もがんばって自社で開発してほしかったところ。ま、そんなことを言ったところで所詮これはトンデモケータイ。ハードを一生懸命開発しながら、ソフトのほうは手を抜いちゃうわけね。

 メニューのアイコンは大きめで、指先で操作しやすいように気を使っているなどがんばっている部分もある。とはいえやっぱり物理的なキーのほうが押しやすいって考える人も多いのだろう。ZJR659の背面10キーは物理的につながっているだけでメニュー画面からの操作はできない。すなわち電池カバーに10キーを取り付けているだけという単純な構造なのだ。でも実際使ってみるとこれが意外と便利、このアイディアを笑ってはいけないぞ。機会があればぜひこのZJR659に触れてみて、その使いやすさに感服してほしい。

待ち受け画面の左下の三角形マークに注目 待ち受け画面の左下の三角形マークに注目(※画像をクリックすると拡大します)
触れるとウィジェット格納画面が出てくる 触れるとウィジェット格納画面が出てくる(※画像をクリックすると拡大します)
画面上に各ウィジェットを配置可能 画面上に各ウィジェットを配置可能(※画像をクリックすると拡大します)
アイコンは大きめで指先操作も簡単 アイコンは大きめで指先操作も簡単(※画像をクリックすると拡大します)
単純なアイディアだが使いやすければそれでいいのだ 単純なアイディアだが使いやすければそれでいいのだ(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]