logo

MS、「Bing」のレイアウト変更をテスト--検索結果ページにタブ表示を導入

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年03月26日 13時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは2009年に「Bing」をリリースしたとき、検索結果の左側のコラムに表示される多数の追加オプションを、ユーザーが進んでクリックするだろうと期待していた。

 しかし、実際にその追加オプションをクリックしたユーザーは、がっかりするほどわずかな数だった。クリック率が低いということは、トピックページや記事、カスタムデータフィードといった、Microsoftが最も多くを投資したページが、多くのユーザーに見落とされていることを意味している。

 Microsoftは、特別ページの注目度を上げることを狙って、Bingの検索結果ページの中央に一連のタブを追加し、特別な種類のコンテンツがある場合はそれがはっきりと分かるような、新しい表示をテストしている。

 米国時間3月25日から、米国のユーザーのおよそ5%が、このタブ表示を目にし始めている。今後数週間で、そのようなページを標準の表示にする計画だ。これは、MicrosoftがBingに対して、春のリフレッシュの一環として加えている変更の中でも、最も目につくものだ。

Bing 提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]