logo

ネットの違法・有害情報、前年比67%増へ--警察庁まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット上の違法・有害情報の通報などを受け付ける「インターネット・ホットラインセンター」は、2009年中に寄せられた通報件数を発表した。通報件数は合計で13万586件にのぼった。

 このうち、違法・有害情報に該当したのは3万3968件で、前年比67.1%増となった。わいせつ物や児童ポルノなどの違法情報は2万7751件(前年比95.3%増)、殺害等の違法行為の請負、集団自殺の呼びかけなど有害情報は6217件(同1.6%増)となった。

 違法情報の内訳は、「わいせつ物公然陳列」が1万4755件で全体の53.2%。以下「児童ポルノ公然陳列」の4486件(16.2%)、「規制薬物の広告」の2555件(9.2%)の順に多かった。

 なお、インターネット・ホットラインセンターが、サイト管理者等に対して削除を依頼した1万6496件のうち、88%にあたる1万4518件が実際に削除されたとのこと。また、同センターからの違法情報をもとに警察が検挙した件数は110件としている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]