logo

日本最大級の地デジ、iPhoneコーナーも--ビックカメラ、有楽町店別館がリニューアル

坂本純子(編集部)2010年03月12日 13時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビックカメラは3月12日、ビックカメラ 有楽町店別館をリニューアルオープンした。日本最大級の地デジテレビコーナーとiPhone専門コーナーを持つ点が最大の特徴だ。

  • オープニングセレモニー。左から、ダンテ・カーヴァー氏、ビックカメラ有楽町店店長の荒井文司氏、常務取締役営業部長の塚本智明氏

 ビックカメラ常務取締役営業部長の塚本智明氏は、「これからの家電商品と近未来をお伝えする使命がある。地デジでどういうことができるのか、これからの地デジの楽しみ方や広がり、iPhoneの楽しみ方などを情報発信基地として伝えていかないとならない」と挨拶した。

  • カメラに向かって息もぴったりの二人

 オープニングセレモニーにはソフトバンクモバイルのCMで知られる白戸家の「お父さん(カイくん)」と「お兄さん(ダンテ・カーヴァー氏)」が登場。有楽町別館には、一目見ようと大勢の客が訪れた。

 地デジテレビコーナーには、「地デジサポートカウンター」をはじめ、「フレッツ・テレビコーナー」「スカパー!HDコーナー」「アクトビラコーナー」「DLNAコーナー」を設置し、最先端の地デジテレビの楽しみ方を提案するという。

  • iPhoneコーナー

 iPhoneコーナーには、iPhoneケースやストラップ、保護フィルム、ヘッドホンに至るまで日本最大級の約1000アイテムを超えるiPhone用アクセサリを集結。売り場内に55台のiPhoneを設置し、自由に触れられるようにした。

 さらにゲームなどのエンタテインメントアプリからビジネスアプリまで、さまざまなおすすめiPhoneアプリを紹介したコーナーも設置した。スタッフは「iPhoneマスター」の資格を持った専門スタッフが揃っているのも特徴のひとつだ。

 透明なディスプレイが目をひく中央のステージは、iPhoneの画面操作を映し出せるカメラとディスプレイを切り替えられるようになっているという。アプリの紹介や、iPhoneを使ったビンゴゲームなども開催していくという。

  • iPhoneコーナーを担当するスタッフの岩立有加さん

 iPhoneコーナーを担当する岩立有加さんは、「iPhoneの実機はこれまで2台だったものを55台へと増やした。iPhoneケースやストラップなどのアクセサリは、ないものがないと言われる品揃えにしていく。iPhoneを持っている人はもちろん、iPhoneの存在は知っているが、踏み切れていない人にも迷いや不安を解消できる場所にしたい。ぜひ、有楽町別館のほうにも足を運んで欲しい」と笑顔を見せた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]