logo

東芝、薄型・軽量・堅牢性を備えた法人向けモバイルノート「dynabook SS RX2L」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月10日、薄型で軽量、堅牢性と先進性を備えたモバイルノートPCとして、法人モデル「dynabook SS RX2L」の販売を開始した。東芝ダイレクトPC価格にて、14万7840円からとなる。

 dynabook SS RX2Lは、最薄部約20.4mmの薄型ボディを実現。光学ドライブを持たないワンスピンドルタイプで、バッテリ装着時でも約1.12kg、約13時間の長時間駆動を実現した。

 CPUは超低電圧版 インテル Core 2 Duo プロセッサ SU9400を搭載。超低電圧版 インテル Celeron プロセッサ 743も選択可能だ。

 12.1型TFT液晶ディスプレイ(1280×800ドット)は、インバーター部が不要なLEDバックライトを採用。明るさは従来のままで低消費電力を実現したとしている。また、水銀フリーで環境負荷低減にも貢献する。

「dynabook SS RX2L」 「dynabook SS RX2L」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]