logo

グーグル、統計データの視覚表示ツール「Google Public Data Explorer」を公開

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2010年03月09日 08時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、世界銀行や他の統計調査機関と提携して、さまざまなデータをGoogle Labsで視覚的に表示可能にしている。

 「Google Public Data Explorer」は米国時間3月8日に提供が開始され、公式ブログへの投稿で正式に発表された。同サイトでは、学校、人口、犯罪、人名などの分野における統計データを利用して、最新のトレンドを示すチャートやグラフを表示する。

 Googleはまた、匿名の検索データ分析に基づいて、統計データに関連する検索用語のトップランキングリストも公表している。「School comparisons」(学校の比較)と「Unemployment」(失業)が、同リストの中で最も頻繁に検索される質問に挙がっており、「Population」(人口)、「Sales tax」(売上税)、「Salaries」)給料)に関する検索クエリもランキングリストに続いている。

 同リストは、(統計データ)検索で利用可能なデータのアイデアが示されている。同検索は、時間軸にしたがって変化するチャートやグラフでも表示可能である。世界銀行、米労働統計局、米国勢調査局などの、以前から発表されていた提携機関に加え、Googleは新たに、経済協力開発機構(OECD)、カリフォルニア教育省、EU統計局、米疾病対策センター、米経済分析局を、データ提供機関のリストに追加した。

提供:Screenshot by Tom Krazit/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集