logo

大阪のベイ・コミュニケーションズ、地域WiMAXサービスを開始

松田真理(マイカ)2010年03月08日 14時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪に本社を置くベイ・コミュニケーションズ(Baycom)は3月5日、KDDIが提供するソリューションを利用した地域WiMAXサービスを開始すると発表した。近畿圏で初のサービス提供になるという。

 Baycomは阪急阪神ホールディングスグループの企業で、大阪市西部、尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、有線テレビ放送事業、電気通信事業などを展開している。

 Baycomは事業エリア内に地域WiMAX無線局を構築し、KDDIの端末認証サーバやインターネット接続ルータなどのコアセンター設備を利用する。これにより、ほかの地域WiMAX事業者とローミングが可能という。

 サービスの正式開始時期は、2010年秋以降の予定。今後Baycomは、WiMAX無線局の免許申請やフィールド試験などの準備を進める予定だ。

地域WiMAXサービス 地域WiMAXサービスの提供イメージ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]