logo

東芝、住宅用太陽光発電システムに参入--モジュールには米サンパワー製を採用

加納恵(編集部)2010年03月01日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月1日、住宅用太陽光発電システム事業に参入すると発表した。LED照明、低消費電力のデジタルプロダクツなどとあわせ、省エネ製品のラインアップ強化を図る。4月1日からシステム販売を開始し、2012年度には国内シェア10%を目指すとしている。

 販売を開始するのは、太陽電池モジュール1機種、パワーコンディショナ2機種、カラー表示器1セット。太陽電池モジュールには、米国サンパワー製を採用する。サンパワー製のモジュールはセル変換効率が21.5%と世界最高水準を誇るとのこと。パワーコンディショナと組み合わせることで、発電効率は15.9%になるという。

 モジュールは単結晶型で、単位面積あたり多くの発電量が得られることが特徴。幅広い波長域で電力に変換できるため、光量が少ない朝夕、曇りなど光が弱い時でも効率的な発電を実現するとのことだ。

 東芝では、30名体制で住宅用の太陽光発電システム事業をスタートし、2012年度には80名規模まで増強していく予定とのこと。また、工場内に「住宅用太陽光発電システム施工研修センター」を設置し、2010年度中に約3000人の研修を実施するとしている。

 発売されるシステムは下記のとおり。

  • SPR-210N-WHT-J(太陽電池モジュール 価格:14万7000円)
  • TPV-PCS0400A(パワーコンディショナ4.0kW 価格:30万4500円)
  • TPV-PCS0550A(パワーコンディショナ5.5kW 価格:42万円)
  • TPV-CM001A-CM/TPV-CM001A-SU(計測ユニット/カラー表示ユニット 価格:9万9750円)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]