logo

ALBERT、レコメンドエンジンと連動したTwitterボット「レコメンドBot」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ALBERTは2月25日、レコメンドエンジンと連動したTwitterボット「レコメンドBot」の提供を開始した。

 ユーザーがTwitter上でレコメンドBotに話しかける(Replyする)と、登録されているデータベースの中から、おすすめ商品や情報を検索して自動的に返答するシステムだ。おすすめ商品を提示して、企業サイトの購入ページなどに誘導することもできる。

 自然言語処理技術を使ってユーザーの言葉を解析し、そのユーザーのニーズを把握するが、単純にテキストに合致するかを検索するのではなく、予め過去の購買データや閲覧データを解析して算出した「おすすめ度」を加味してレコメンドをするという。

 これまで、Twitterによるプロモーションは、社内や広告代理店の担当者が、人力でつぶやくのが一般的であり、問い合わせに対するリアルタイム返信など、ユーザーへの対応には限界があった。ALBERTでは、レコメンドBotシステム導入により、人的コストをかけることなく、ユーザーの問いかけに対して、リアルタイムの返答が可能になるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]