logo

日本の競争力強化に向けeビジネス推進連合会が発足--三木谷氏が会長に就任

新澤公介(編集部)2010年02月23日 13時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一般社団法人 eビジネス推進連合会が2月22日に発足し、東京都内で設立総会を開催した。ネットを通じてビジネスを展開するeビジネスの推進と発展を目指す。初代会長に楽天代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏、副会長にヤフー代表取締役社長の井上雅博氏が就任した。

 eビジネス推進連合会は、三木谷氏を始め86名が呼びかけ人となり、2月下旬の設立を目指していた。総会員数は2月17日時点で1665社にのぼり、このうち上場企業は82社となる。

 主な活動内容として、会員企業向けにTwitterを利用したマーケティングやクラウドに関する勉強会を実施したり、地域活性化などの分野についてワーキンググループを設置したりする。また、各会員企業のデータをもとに「eビジネス白書」を作成するほか、eビジネスの発展に貢献したサービスを表彰する「日本インターネット大賞」、eビジネスとITに関する中高生向けコンテスト「JeBAジュニアコンテスト」を開催する予定だ。

 政策に対しては、医薬品の通信販売やネット選挙の解禁をはじめ、地域の活性化、中小企業のビジネス支援などについて、ネットの観点からそれぞれ提言していく。なお、具体的な活動内容については、それぞれ幹事会で決めていくとしている。

 三木谷氏は設立の背景について、「医薬品の通信販売は、国民に定着していたにもかかわらず規制されてしまった」と指摘した上で、「各企業が別々に活動してきたネット業界だが、しっかりとした活動をするべきだろうという思いから合意に至った」と述べた。

eビジネス推進連合会 人事
役職氏名現職
会長(幹事)三木谷浩史氏楽天代表取締役会長兼社長
副会長(幹事)井上雅博氏ヤフー代表取締役社長
幹事藤田晋氏サイバーエージェント代表取締役社長CEO
監事金丸恭文氏フューチャーアーキテクト代表取締役CEO
事務局長別所直哉氏ヤフーCCO兼法務本部長
eビジネス推進連合会 左から、三木谷氏、ヤフー取締役COO喜多埜裕明氏(井上雅博氏代理)、藤田氏、金丸氏

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]