logo

フォトレポート:登場から20年の「Adobe Photoshop」--その進化をたどる - 3/14

文:Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正:編集部2010年02月19日 12時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Microsoft Windows 3.1」が登場した1993年には、Windowsに対応する「Adobe Photoshop 2.5」が登場。このとき2種のUNIX(Sun MicrosystemsのSolarisとSGIのIrix)にも対応したが、その後、これらのサポートは打ち切られている。

 1994年の「Adobe Photoshop 3.0」でレイヤー機能が登場した。レイヤーにより、画像の各要素を階層に分け、より洗練された画像として合成することが可能になった。
Scroll Right Scroll Left

 「Microsoft Windows 3.1」が登場した1993年には、Windowsに対応する「Adobe Photoshop 2.5」が登場。このとき2種のUNIX(Sun MicrosystemsのSolarisとSGIのIrix)にも対応したが、その後、これらのサポートは打ち切られている。

 1994年の「Adobe Photoshop 3.0」でレイヤー機能が登場した。レイヤーにより、画像の各要素を階層に分け、より洗練された画像として合成することが可能になった。

提供:Adobe Systems

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]