logo

フォトレポート:登場から20年の「Adobe Photoshop」--その進化をたどる

文:Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正:編集部2010年02月19日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Adobe Systemsの「Adobe Photoshop」が米国時間2月19日で登場から20周年を迎える。

 Photoshopは1987年、Thomas Knoll氏(写真左)が、白か黒のピクセルしか表示することのできないモニター上に、グレー色調の範囲を含むグレースケール画像を表示可能なソフトウェアを作成したことに端を発する。同氏とその弟であるJohn Knoll氏(写真右)は同ソフトウェアを、1988年にBarneyscan、そして1989年にはAdobeにライセンス提供した。1990年には、当時は「Mac」のみに対応していた「Adobe Photoshop 1.0」が登場し、1995年にはAdobeがPhotoshopソフトウェアを買収した。

 Thomas Knoll氏は今もAdobeに勤めている。John Knoll氏はIndustrial Light and Magicで視覚効果担当スーパーバイザーとして、「スター・ウォーズ」の複数のエピソードや、「パイレーツ・オブ・カリビアン」3作品、「アバター」を担当した。
Scroll Right Scroll Left

 Adobe Systemsの「Adobe Photoshop」が米国時間2月19日で登場から20周年を迎える。

 Photoshopは1987年、Thomas Knoll氏(写真左)が、白か黒のピクセルしか表示することのできないモニター上に、グレー色調の範囲を含むグレースケール画像を表示可能なソフトウェアを作成したことに端を発する。同氏とその弟であるJohn Knoll氏(写真右)は同ソフトウェアを、1988年にBarneyscan、そして1989年にはAdobeにライセンス提供した。1990年には、当時は「Mac」のみに対応していた「Adobe Photoshop 1.0」が登場し、1995年にはAdobeがPhotoshopソフトウェアを買収した。

 Thomas Knoll氏は今もAdobeに勤めている。John Knoll氏はIndustrial Light and Magicで視覚効果担当スーパーバイザーとして、「スター・ウォーズ」の複数のエピソードや、「パイレーツ・オブ・カリビアン」3作品、「アバター」を担当した。

提供:Adobe Systems

 Adobe Systemsの「Adobe Photoshop」が米国時間2月19日で登場から20周年を迎える。  Photoshopは1987年、Thomas Knoll氏(写真左)が、白か黒のピクセルしか表示することのできないモニター上に、グレー色調の範囲を含むグレースケール画像を表示可能なソフトウェアを作成したことに端を発する。同氏とその弟であるJohn Knoll氏(写真右)は同ソフトウェアを、1988年にBarneyscan、そして1989年にはAdobeにライセンス提供した。1990年には、当時は「Mac」のみに対応していた「Adobe Photoshop 1.0」が登場し、1995年にはAdobeがPhotoshopソフトウェアを買収した。  Thomas Knoll氏は今もAdobeに勤めている。John Knoll氏はIndustrial Light and Magicで視覚効果担当スーパーバイザーとして、「スター・ウォーズ」の複数のエピソードや、「パイレーツ・オブ・カリビアン」3作品、「アバター」を担当した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]