logo

ローソンとNTTドコモ、デジタルサイネージを展開する合弁会社を設立

松田真理(マイカ)2010年02月03日 17時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ローソン、アサツーディ・ケイ(ADK)、NTTドコモの3社は2月2日、デジタルサイネージを用いた広告配信事業を展開する合弁会社「クロスオーシャンメディア」(予定)を設立することで合意した。設立時期は3月、サービス開始は6月を予定している。

 クロスオーシャンメディアでは、ローソン店舗を中心にデジタルサイネージによる広告事業を展開する。具体的には、ローソンの店頭に46インチディスプレイを2台設置し、店外に向けてエンターテインメント情報、タイアップコンテンツ、生活情報、地域情報などを音や映像で配信する。また、ディスプレイ横にあるFeliCa端末に携帯電話をかざすと、キャンペーンの詳細やクーポンが取得できる仕組みも導入する方針だ。

 初年度は、新宿や渋谷、銀座、新橋など、東京都内の繁華街を中心とした300店舗にディスプレイを設置し、順次拡大する。

 合弁会社への出資金は7億8500万円(うち資本金3億9300万円、資本準備金3億9200万円)で、ローソンが42%、ADKが38%、NTTドコモが20%出資する。

-PR-企画特集