logo

VCが投資した企業のIPO数、2009年の新興市場では8社に--JVRが調査

西田隆一(編集部)2010年01月29日 13時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済状況は相変わらず芳しくないが、証券取引所での新規株式公開(IPO)も芳しくない状況が続いている。NPO法人Japan Venture Research(JVR)の調査によると、2009年にIPOを果たした企業は19社(2008年は49社)だったという。そのうち証券取引所の新興市場に公開し、ベンチャーキャピタルから投資を受けていた企業は8社と、「激減した」と言われた2008年の36社(2007年は76社)をさらに下回った。

 上場社数は減っているものの、JVRが調査の対象としている企業(新興市場にIPOし、かつベンチャーキャピタルがIPO前に投資をしていることが条件)の状況を2008年と比べると、いくつか上向きになっていることが明らかとなった。たとえば、IPO直後の時価総額だ。2008年ではIPO直前に比べたIPO直後の時価総額は1.01倍と株式公開によってほとんど企業価値が変わらなかったが、2009年では2.55倍と大幅に上向いている。また、企業設立からIPOまでの年数が10年2カ月と2008年の18年6カ月と比べて短く、若い企業が上場に至っているのも特徴的だ。

 なお、調査対象となった8社のうち情報・通信企業は、モバイル関連企業のソケッツと半導体製造装置を手がけるエフオーアイの2社のみ。新規株式公開で注目度の高かったクックパッドは、ベンチャーキャピタルから投資を受けていないため、調査対象に含まれていない。

 詳細なレポートについてはJapan Venture Researchのサイトから入手できる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]