logo

「iPad」をめぐるあれこれ--アップル特別イベントの発表内容を総括 - (page 3)

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年01月29日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • The New York Timesは、同社アプリのタブレット向けバージョンをデモした。縦向きにしたときのレイアウトは、新聞を読んでいる状態を模している。ただし、ビデオリンクは組み込まれたプレーヤー内で開く。
  • 「Brushes」はiPhoneで人気のあるアプリケーションだが、この画像編集ソフトウェアの将来公開されるiPad用バージョンがデモされた。広くなったスクリーン領域を利用して、大きなポップアップメニューを隠している。
iPad 提供:James Martin/CNET
  • MLB.comはiPad向けに調整されたバージョンを発表した。ビデオハイライト、チーム情報、バーチャルベースボールカードなどが、スクリーン上に重ねて表示される。

 Appleはさらに、同社のソフトウェア「iWork」のアップデート版も紹介した。iWorkがAppleの携帯デバイスの1つで動作するようになったのは初めてで、iPadのタッチスクリーンをフル活用している。The New York Timesが1月に報じたうわさが立証された形となった。注目すべきは、iWorkが3つの独立したアプリケーションとして提供されることで、それぞれ10ドルとなる予定だ。iPadユーザーが「Numbers」「Keynote」「Pages」の3つを購入すると30ドルになるが、それに対しデスクトップ版の価格は79ドルだ。

書籍販売

iPad 提供:James Martin/CNET

 Jobs氏は新しいコンテンツ配信システム「iBooks」を発表した(Appleの以前のノートブックシリーズ「iBook」と混同しないように)。新しいアプリケーションは仮想本棚を備え、コンテンツは、HarperCollins Publishers、Hachette、Penguin Books、Macmillan Publishers、Simon & Shusterの5つの大手出版社から提供される(Simon & Shusterは米CNETの運営元CBS Corporationの1部門)。

 Appleは、「iBookstore」では一般の書籍だけでなく教科書も販売する予定だと述べた。雑誌も扱うかどうかについて、一切説明がなかったことが注目される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]