logo

グリー2Q決算、売上高が前年比1.8倍--営業利益率は62%に

永井美智子(編集部)2010年01月27日 20時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは1月27日、2010年6月期第2四半期(2009年10〜12月)の業績を発表した。ソーシャルゲームの有料課金が好調で、会員数、売上、利益ともに順調に伸びている。

  • 売上高と営業利益の推移

  • 会員数の推移

  • GREEのPV推移(2007年11月〜2009年12月)。12月はほかの月に比べて伸び悩む傾向にあるという(グリー資料より編集部が作成)

  • 有料課金収入(左)と広告メディア収入(右)の推移

 売上高は前年同期比81%増の81億8000万円、営業利益が同76%増の50億7300万円、純利益が同134%増の32億1600万円。営業利益率は62%となっている。

 運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「GREE」の2009年12月末時点での会員数は1673万人で、ライバルとなるディー・エヌ・エーの「モバゲータウン」の会員数(同1581万人)を上回る。また、月間有料課金収入におけるユーザー1人あたりの売上高が171円と、第1四半期の164円から増えて過去最高を記録した。

 月間ページビュー(PV)は2009年11月に263億8000万PV(うちモバイル:260億8000万PV、PC:3億PV)と過去最高になったが、12月には249億7000万PV(うちモバイル:247億1000万PV、PC:2億6000万PV)と落ち込んだ。

 モバゲータウンが自社開発のソーシャルゲームを投入し、PVを大幅に伸ばしていることから、この影響も考えられるが、グリーでは「20〜40代のユーザーが多く、忘年会などで忙しいためか、例年12月はPVが落ち込む傾向にある」と説明。2010年1月の状況から判断して、PVの減少は一時的な季節要因であるとした。また、売上高全体に占める広告収入の割合は21%にとどまることから、PV減が収益に与える影響は小さいと話している。

-PR-企画特集