logo

アップル、タブレット向け電子書籍の価格体系を出版社と交渉中か--WSJ報道

文:Steven Musil(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年01月27日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは現在、待望のタブレットコンピュータを対象とした電子書籍の新たな価格体系について、出版社と秘密裏に最終交渉を行っており、これによってAppleはAmazonと直接競合することになるという。The Wall Street Journal(WSJ)が報じた

 同報道によれば、Appleは出版社に対し、ベストセラーの電子書籍について12.99ドルと14.99ドルの2種類の新価格を設定し、一部タイトルを9.99ドルで提供することを求めているという。またWSJは、Appleは「iPhone」アプリケーションと同様に、同社が販売価格の30%を受け取り、残りの70%を出版社に分配するという条件で交渉を進めている、と報じている。

 この動きが起これば、Appleは電子書籍販売の王座をかけてAmazonと正面から衝突することになるだろう。Amazonは同社の電子書籍端末「Kindle」向けタイトルの価格を引き下げ、一部のベストセラーを無料で提供している。また、Kindleのソフトウェア開発キット(SDK)のリリースも発表しており、開発者は同SDKを利用して独自のKindle向けアプリケーションを構築し、いずれはそれを販売できるようになる。おそらくはApple、そしてiPhoneとの新たな戦いが始まるだろう。

 AppleとAmazonの関係者にコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]