logo

アップル、特別イベントを開催--発表内容をライブカバレッジ

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年01月28日 02時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間1月27日、特別イベントをサンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsで開催した。ここでは同イベントの様子を時間軸に沿ってお届けする(各画像は、クリックすると拡大表示されます)。

9:53 a.m. PST:開場。もうまもなくイベントが開始されるのを待っている。Bob Dylanの曲が流れている

10:01 a.m.:照明が落ち。音楽の音量が落ちていった。いよいよ開始。

10:01 a.m.:Steve Jobs氏が登場。スタンディングオベーションで迎えられる。

10:02 a.m.:魅力的で革新的な製品を今日発表することで2010年をキックオフしたいと同氏。まずはiPod。iPodの販売台数が2億5000万に先週達した。

10:03 a.m.:App Storeについて。「信じられない現象」と表現し、14万のアプリが提供され、この18カ月で30億ダウンロードがあったことを明らかにした。

10:05 a.m.:iPod、iPhone、Macからの売り上げを説明。Jobs氏は「興味深いことに」、これらはモバイル機器であると述べる。

10:06 a.m.:Appleは世界で最大級のモバイル機器企業であるとJobs氏。

10:06 a.m.:最近の状況はここまで。いよいよメインの話題に話は移る。

10:07 a.m.:1991年のPowerBookをスクリーンで紹介。Jobs氏は初めてのモダンラップトップと説明。次に2007年の初代iPhoneを紹介。「いまやだれもがラップトップやスマートフォンを使っている。この中間に位置する3番目のカテゴリはあるだろうか」と同氏は述べる。

10:09 a.m.:新しいカテゴリは、ウェブブラウジング、電子メール、写真、動画、音楽、ゲーム、電子ブックに秀でている必要がある。

10:09 a.m.:それはネットブックだという人もいるかもしれないが、「問題は、ネットブックはすべてにおいてあまり優れていないという点だ」と同氏述べ、笑いと拍手を誘う。ネットブックはただ安いだけだ、われわれにはよりよいものがある、と同氏。

10:09 a.m.:iPadを発表。

10:10 a.m.:巨大なiPod touchのような製品。ホームボタンも同様にある。

10:11 a.m.:ウェブブラウズ可能で、タッチスクリーンを搭載。

10:11 a.m.:ランドスケープ、ポートレートモードにすることができる。

10:12 a.m.:電子メール、Facebook、The New York Timesなどにアクセスしてみせる。バーチャルキーボードはランドスケープ。

10:12 a.m.:カレンダー、アドレスブック、Google Mapsを使ったマップも搭載。

10:13 a.m.:iPadは、iTunes Storeにアクセスする。

10:13 a.m.:YouTube、テレビ番組、映画も視聴可能。Jobs氏がデモ開始。

10:16 a.m.:Safariのブックマークバーをクリックして、Time.comやFandangoにアクセス。モバイル版ではなく、「完全なウェブサイト」を閲覧可能という。

10:17 a.m.:電子メールをデモ。

10:18 a.m.:Phil Schiller氏とScott Forstall氏に電子メールを送信してみせる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]