logo

東芝、HDD&DVDレコーダー「VARDIA」に新機種--情報量約2.8倍のEPGを装備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月21日、ハイビジョンレコーダー「VARDIA」シリーズの新製品として、HDD&DVDレコーダー「RD-E1005K」(E1005K)、「RD-E305K」(E305K)の2機種を発表した。番組情報量が多く、文字が見やすい高精細の電子番組表を搭載した。2月中旬から販売を開始する。価格はオープンだが、店頭想定価格はE1005Kが6万円前後、E305Kが5万円前後になる。

 E1005K、E305Kは、従来機に比べ番組情報量を約2.8倍多く表示する電子番組表を採用したエントリーモデルだ。E1005Kは1Tバイト、E305Kは320GバイトのHDDを内蔵する。

 また、エントリーモデルとしては初めて「スカパー!かんたん予約連動」機能を搭載したほか、「かんたん予約機能」や「番組表一発予約機能」「CATV連動機能」など、従来機の便利機能を継承した。

 基本操作ボタンだけを搭載した「シンプルリモコン」や、液晶テレビ「REGZA」との連携機能「レグザリンク」にも対応する。

 搭載チューナーは、地上、BS、110度CSデジタルチューナー1基。地上アナログチューナーを非搭載にすることで、アナログ時に必要だった設定や切り換えなどがなくなり、使い勝手を向上させたという。

 本体は、奥行き約253mmのコンパクトなボディで、液晶テレビと組みあわせれば、省スペースで設置できる。

「RD-E1005K」 「RD-E1005K」
「RD-E305K」 「RD-E305K」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]