logo

ソニー「HANDYCAM」がSDカード対応に--広角&新手ブレ補正を搭載

加納恵(編集部)2010年01月14日 17時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月14日、ビデオカメラ「HANDYCAM」シリーズにおいて、フラッシュメモリを内蔵した「CX」シリーズ「HDR-CX550V」(CX550V)、「HDR-CX370V」(CX370V)、「HDR-CX170」(CX170)3機種と、内蔵HDDを備えた「XR」シリーズ「HDR-XR550V」(XR550V)、「HDR-XR350V」(XR350V)、「HDR-XR150」(XR150)3機種の計6機種の新製品を発表した。メモリースティックデュオに加えSDメモリーカードにも対応するカードスロットを備える。

 CMOSセンサは全機種に裏面照射型のExmor Rを採用し、暗所撮影時でもノイズの少ない高画質撮影をサポート。また、今回のモデルからAVCHD規格で最高記録レートとなる24Mbps記録にも対応した。

 上位4機種にはズーム時の手ブレを従来機より約2倍補正する新「アクティブモード」の搭載や、35mm換算で29.8mmの広角撮影などを実現している。

 撮影機能としては、約90通りの最適設定から撮影状況を自動認識する「おまかせオート」を搭載。ダイレクトボタンを押すだけで顔、シーン、揺れ、屋内・屋外といった4つの要素をすべてかけあわせてシーンに合わせた撮影が自動でできるという。

 上位機となるCX550VとXR550Vは、1/2.88型のExmor R CMOSセンサを内蔵。液晶モニタにはタッチパネル式の3.5型エクストラファイン液晶を備える。5.1chサラウンド記録も可能だ。2月19日に発売予定となる。

  • HDR-CX550V(内蔵メモリ:64Gバイト 店頭想定価格:13万円前後)
  • HDR-XR550V(HDD:240Gバイト 店頭想定価格:15万円前後)
「HDR-CX550V」(左)、「HDR-XR550V」(右) 「HDR-CX550V」(左)、「HDR-XR550V」(右)

 CX370VとXR350Vは、1/4型 Exmor R CMOSセンサを備えた中級機。タッチパネル式の2.7型クリアフォト液晶モニタを搭載する。光学ズームは12倍。CX370Vはシルバーとボルドーブラウンの2色展開となる。発売予定は2月19日。

  • HDR-CX370V(内蔵メモリ:64Gバイト 店頭想定価格:11万円前後)
  • HDR-XR350V(HDD:160Gバイト 店頭想定価格:12万円前後)
「HDR-CX370V」(左)、「HDR-XR350V」(右) 「HDR-CX370V」(左)、「HDR-XR350V」(右)

 エントリー機のCX170とXR150は、1/4型 Exmor R CMOSセンサを内蔵。液晶モニタにはタッチパネル式の2.7型クリアフォト液晶を採用した。光学ズームは25倍。CX170はブラック、シルバー、レッド、ブルーの4色展開となる。発売予定は1月29日。

  • HDR-CX170(内蔵メモリ:32Gバイト 店頭想定価格:6万5000円前後)
  • HDR-XR150(HDD:120Gバイト 店頭想定価格:8万円前後)
「HDR-CX170」(左)、「HDR-XR150」(右) 「HDR-CX170」(左)、「HDR-XR150」(右)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]