logo

電通の2009年12月売上高、インターネットが雑誌を抜く--テレビ、新聞に次ぐ存在に

永井美智子(編集部)2010年01月13日 20時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通が1月12日に発表した2009年12月の単体売上高によると、PCインターネット、モバイルを合わせたインタラクティブメディアが雑誌を抜き、テレビ、新聞に次ぐ存在になったという。

 電通全社での売上高は前年同月比6.5%減の1189億6600万円。このうち最も多いのはテレビで、同4.7%減の569億3200万円。新聞は同14.9%減の104億2300万円、雑誌が同28.8%減の31億5400万円、ラジオが同2.8%減の17億8300万円となり、4大マスメディアはいずれも前年を下回った。

 これに対し、インタラクティブメディアは同49.0%増の40億5200万円と好調に伸びている。

電通の新聞、雑誌、ラジオ、インタラクティブメディア部門の売上推移 電通の新聞、雑誌、ラジオ、インタラクティブメディア部門の売上推移

 なお、業界2位の博報堂の場合、インターネットメディアの12月の売上高は前年同月比1.3%減の14億5800万円と前年割れになった。雑誌の売上高は15億5300万円で、わずかながらインターネットメディアを上回っている。

-PR-企画特集