「JPRS ユーザー会」が設立--ドメイン名市場の発展を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「.JP」ドメインを管理運営する日本レジストリサービス(JPRS)の指定事業者による連携組織「JPRSユーザー会」が12月21日、発足した。

 JPRSユーザー会は、インターネットイニシアティブ(IIJ)、NECビッグローブ、ニフティ、NTTコミュニケーションズなど通信事業者6社の代表者が発起人となり、日本のドメイン名市場の健全な発展を目指すことを目的に発足。今後は、JPRS指定事業者の参加を広く呼びかけるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加