logo

モバイルアプリの最新動向--デベロッパーの競争戦略

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年12月15日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サンフランシスコ発--モバイルアプリケーション開発の世界では今、ある種のルネサンスが起こっている。

 5年足らず前、デベロッパーは、導入されたばかりの第3世代ワイヤレスデータネットワークを利用して、高帯域幅向けメディアアプリを作り始めたところだった。しかし通信業者は、その「消火ホース」を開放する準備がすっかりできているとはいえなかった。ハードウェアメーカーも同様で、主に電子メールをチェックしたりソリティアでちょっと遊んだりすることを求めるビジネスユーザー向けのハードウェアを製造していた。

 現在まで進むと、通信業者とメーカーが一種の平衡状態に達しつつある。スマートフォンや「iPod touch」「ニンテンドーDSi」「PSP go」などのハンドヘルドデバイスには、アプリケーションストアが付随するようになった。そうしたモバイル側のアプリケーションが、大規模化、高速化、そして大容量使用に対応するための増強が進められているネットワークから、高速にデータを引き出すことが可能になった。しかしその平衡状態の下で、アプリケーションの作り手たちはある問題に直面している。それは競争の激しさだ。

 そして、その問題はますます悪化している。

 米国時間12月8日夜に開催のブログVentureBeatのイベントDiscoveryBeatでは、デベロッパー(その大多数は、主に「iPhone」向けに開発している人はと問われたとき、手を挙げてそのことを示した)向けに、ユーザーの注意を引くという課題に挑戦してすでに成功した人たちによるセミナーが開催された。最も広く採用されている解決法は、次のようなものだ。すばやく作って、次に進む。作ったものが定着し、ユーザーに気に入られれば、それで良し。そうならなければ、今作っているものがある。そしてもちろん、浪費してもよい現金があるならば、どこかに広告を出す。

Zynga Game NetworkのバイスプレジデントBill Mooney氏は、ソーシャルアプリやモバイルアプリを開発するために、従来型のゲーム業界を離れた。 Zynga Game NetworkのバイスプレジデントBill Mooney氏は、ソーシャルアプリやモバイルアプリを開発するために、従来型のゲーム業界を離れた。
提供:Josh Lowensohn/CNET

 しかし、そのようなマーケティング資金をどこに投入するかということも、ますます複雑な課題になっている。新しいアプリを開発したデベロッパーは、適切な人材を起用して広告キャンペーンを考案する方法を知っているだろうと期待して、広告会社に資金をつぎ込むかもしれない。しかしその方法も、AdMob(現在はGoogleの傘下)、PurpleTalkMedialetsといった、最近出現した次世代広告プラットフォームのいずれかを利用することに比べると、さほど魅力的ではないかもしれない。これらのサービスは、ほかのアプリの中でiPhoneアプリのプロモーションを行ったり、少なくともアプリ内に広告を表示することで無料アプリから利益を得られるようにしたりするといった、独創的な方法を見つけ出している。

-PR-企画特集