logo

ソニー、FIFAワールドカップを3D映像として公開--BD化も予定

加納恵(編集部)2009年12月04日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは12月4日、2010年6月〜7月にかけて開催される「2010 FIFA ワールドカップ」の最大25試合を、3D撮影、編集すると発表した。これにより3D映像への取り組みを加速させる。

 撮影、編集された3D映像は、FIFA主催のサッカー大会やイベント会場に設営されるソニーの展示ブースでハイライト映像として公開されるほか、世界各地にあるソニーのショールームおよび販売店に設置されたソニーの3D製品で視聴できるとのこと。さらに、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントがBlu-ray Discに収録し販売することも予定しているという。

 ソニーでは、9月に2010年に家庭用3Dエンターテインメント機器に参入することを発表。すでに毎秒240フレームで撮影できる単眼レンズ3Dカメラの開発や、「CEATEC JAPAN 2009」をはじめとする展示会等で3Dテレビの試作品を展示している。

-PR-企画特集