logo

広告に対する意識調査(特別編)--男女、年代にみる広告に対する意識の違い

Webマーケティングガイド2009年11月27日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、広告に対する意識調査を行った。

 今回の特別編では、「広告に対する意識調査(上)」と「広告に対する意識調査(下)」で明らかになった事実とさらに深堀し、性年代別にどのような意識の違いがあるのかをみていきたいと思う。

【調査結果サマリー】

  • 年代が若くなるほど、広告に対して不快感を感じたことのあるユーザーが多い傾向にある
  • 女性は誇大表現の使われた広告を迷惑だと感じる傾向が強い
  • 男性は、行動ターゲティングに対する許容度が高い

 調査対象は、10代〜50代の男女500人。性別は男性が47%、女性が53%。年代別は10代:1.8%、20代:18.6%、30代:31.8%、40代:23.8%、50代:17.2%、60代:6.8%となっている。

広告に対して不快感を抱いた経験×年代

 まずは、これまでに広告に対して何かしらの不快感を抱いた経験があるかどうかについて年代別にクロス集計を行った。広告に対して不快感を抱いたことがあると回答したユーザーは(「非常にある」と「少しある」の合計)20代で最も多く65.6%、次いで60代の52.9%が続く結果となった。年代別の傾向としては、若年層とシニア層においてより不快感を抱いた経験が高く、40代を底辺としたV字曲線を描いていることがわかる。

 また、特徴的なのは年代が若くなるほど、「非常にある」と回答したユーザーが多くなるという点である。これは広告に対する意識調査(下)でも触れた点であるが、やはりニューメディアの誕生と浸透は広告に対するユーザーの意識を変化させているのかもしれない。

広告に対して不快感を抱いた経験×年代 広告に対して不快感を抱いた経験×年代 ※10代の回答については、サンプル数が少ないため参考データとしてご覧ください

迷惑な広告の種類×年代

 次に、迷惑だと思う広告の種類を年代別に分析してみた。その結果、年代による違いはあまりなく、どの年代においても「誇大表現を使った広告」を迷惑だと思うユーザーが最も多く、次いで「自分にとってあまり関係のない商品やサービスを扱った広告」が続く結果となっている。

 メールマガジンや検索結果連動型広告などは、年齢が高くなるにつれ迷惑と感じるユーザーが増えるのではないかと考えていたが、年齢による違いはあまりないようである。

※今回の調査対象者が全てネットユーザーである点には留意が必要である

迷惑な広告の種類×年代 迷惑な広告の種類×年代

-PR-企画特集