ケンウッド、iPodドック搭載の「K-521」--「iPodフルデジタル・コネクション」が進化

加納恵(編集部)2009年11月12日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケンウッドは、コンパクトハイファイシステム「Kシリーズ」において、新製品の「K-521」を発表した。「iPodフルデジタル・ドック」を搭載し、原音に近い再生音を実現するという。11月下旬に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格は4万5000円前後となる。

 K-521は、CDプレーヤー、FM/AMチューナー、USB端子、アンプにiPod用デジタルドックを一体化したオーディオシステム。ドック部は一般的なアナログ伝送方式ではなく、デジタル伝送方式を採用しているため、再生時の音質を向上させているという。さらに独自の帯域補間技術「Supreme EX」を搭載することで、圧縮音源でもクリアな音質を再生できるとのことだ。

 接続したiPodは、本体やリモコンによる再生、選曲などの操作に加え、直接iPodに触れて操作することが可能だ。

 本体奥行き299mmのコンパクトなボディに、リアルサウンドラボの音響パワー補正技術「CONEQ(コネック)」を内蔵。スピーカーから放たれた音を1点ではなく400ポイントの「面」で捉える音響パワー補正技術により、周波数特性だけでなく、タイムアライメント(音の到達時間)も最適な状態に補正し、音の定位や微小信号の再現性に優れた再生性能を実現するとのこと。ケンウッドによると、コネックをシステムステレオに採用するのは世界初だという。

 ボディカラーはシルバーとブラックの2色展開となる。

「K-521」 「K-521」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加