logo

エレクトロニック・アーツ、ソーシャルゲーム企業のPlayfishを買収

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高橋朋子2009年11月10日 13時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオゲームの開発企業Electronic Arts(EA)は米国時間11月9日、ソーシャルゲーム企業のPlayfishを買収したと発表した。買収にあたり、EAは現金2億7500万ドルのほか、「リテンション(人材保持)契約」に基づき2500万ドル相当の株式をPlayfishに支払った。さらにPlayfishは、2011年12月31日までの業績が一定目標に達した場合、最大1億ドルを獲得する。

 Playfishの買収は、ゲーム機やPCといった従来のプラットフォーム向けゲーム開発企業からの脱却を目指すEAの思惑に合致する。EAは今回の買収について、「デジタルゲームやソーシャルゲームへの移行の取り組みを強化するもの」だと声明の中で述べている。

 ソーシャルネットワーク、およびソーシャルネットワーク向けゲームの爆発的な成長を受け、Playfishはソーシャルゲーム分野において好業績を収めている。同社のゲームは、「Facebook」「MySpace」「iPhone」、および「Android」搭載端末を含む複数のプラットフォームにおいて、これまでに1億5000万回以上インストールされている。Playfishによれば、同社ゲームの月間アクティブユーザー数は6000万人を超えるという。同社のFacebook向けゲームには「Pet Society」「Restaurant City」「Country Story」などがあり、いずれもFacebookでトップクラスの人気を誇っている。

 Playfishが統合される予定のEAのインタラクティブ部門は、オンラインゲームやモバイルゲームの流行に乗って、これまでに優れた実績を上げてきた。同部門は、カジュアルゲームサイト最大手の1つ「Pogo」の運営などを手がけている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集