logo

国内IT市場、2009年は前年比7.7%減と大幅に縮小--IDC Japan予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは11月4日、国内製品別のIT市場予測を発表した。2009年第2四半期(4月〜6月)の実績や、8月に実施したユーザー調査、景気動向などに基づくもので、2009年の国内IT市場規模は前年比7.7%減の11兆8488億円と、大きく縮小する見通しだという。

 製品別に見ると、ITサービス市場は前年比1.9%減の5兆1257億円、パッケージソフトウェア市場は同5.8%減の2兆3012億円、ハードウェア市場は同14.4%減の4兆4219億円で、すべての市場で前年割れとなる。

 最も回復が早いのはITサービス市場で、景気回復に伴い、2010年にはプラス成長に戻るという。ただ、パッケージソフトウェア市場の回復が遅れるため、IT市場全体が成長へ転じるのは2011年以降になると予測している。

 また、ハードウェア市場は継続的に縮小していくとIDC Japanは見ている。同市場の2008年から2013年までの年間平均成長率はマイナス5.5%で、2013年の市場規模は2008年に比べて約25%減となる見込み。IDC Japan ITスペンディング/ITサービス/ソフトウェア&セキュリティ/コミュニケーションズのグループディレクターである和田英穂氏は「ハードウェア製品を提供するITベンダーは、コスト削減、事業提携、事業統合、業界再編など、国内市場の縮小に先手を打った対策が必須である」とコメントしている。

-PR-企画特集