logo

Thinkpadの品質テストとは?--開発拠点、大和事業所のラボを一部公開

坂本純子(編集部)2009年10月28日 21時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 IBM時代からThinkpadの開発拠点として知られる、レノボ・ジャパンの大和事業所。そこでは、日常のトラブルや使うシーンを想定して100を超える品質テストが行われており、いくつものテストをクリアした製品のみが出荷される。

 品質テストは、ディスプレイの開閉試験や動作中のThinkpadを机の高さから落下させるもの、液晶ディスプレイの圧迫試験、動作ノイズ測定試験など、多岐にわたる。

 今回、プレス向けにラボ・ツアーが開催された。写真撮影の許可されたテストの一部をフォトレポートでお伝えする。

 「環境試験室」の入り口。高温・低温・高湿度・低湿度といったさまざまな環境で、PCの動作試験を行う。どの試験室も、入り口に備え付けられた機器にカードを通すとドアが開く仕組みになっている。
Scroll Right Scroll Left

 IBM時代からThinkpadの開発拠点として知られる、レノボ・ジャパンの大和事業所。そこでは、日常のトラブルや使うシーンを想定して100を超える品質テストが行われており、いくつものテストをクリアした製品のみが出荷される。

 品質テストは、ディスプレイの開閉試験や動作中のThinkpadを机の高さから落下させるもの、液晶ディスプレイの圧迫試験、動作ノイズ測定試験など、多岐にわたる。

 今回、プレス向けにラボ・ツアーが開催された。写真撮影の許可されたテストの一部をフォトレポートでお伝えする。

 「環境試験室」の入り口。高温・低温・高湿度・低湿度といったさまざまな環境で、PCの動作試験を行う。どの試験室も、入り口に備え付けられた機器にカードを通すとドアが開く仕組みになっている。

 IBM時代からThinkpadの開発拠点として知られる、レノボ・ジャパンの大和事業所。そこでは、日常のトラブルや使うシーンを想定して100を超える品質テストが行われており、いくつものテストをクリアした製品のみが出荷される。  品質テストは、ディスプレイの開閉試験や動作中のThinkpadを机の高さから落下させるもの、液晶ディスプレイの圧迫試験、動作ノイズ測定試験など、多岐にわたる。  今回、プレス向けにラボ・ツアーが開催された。写真撮影の許可されたテストの一部をフォトレポートでお伝えする。  「環境試験室」の入り口。高温・低温・高湿度・低湿度といったさまざまな環境で、PCの動作試験を行う。どの試験室も、入り口に備え付けられた機器にカードを通すとドアが開く仕組みになっている。

-PR-企画特集