Thinkpadの品質テストとは?--開発拠点、大和事業所のラボを一部公開 - 13/15

坂本純子(編集部)2009年10月28日 21時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 残響試験室。反射性の強い壁と床、天井でできた部屋。PCの音を何度も反射させ、試験室の音の大きさを一様に分布するしくみ。音のエネルギー密度が一様な空間は、非常に短期間で騒音の総量(パワーレベル)を短時間に測定できるという。
Scroll Right Scroll Left

 残響試験室。反射性の強い壁と床、天井でできた部屋。PCの音を何度も反射させ、試験室の音の大きさを一様に分布するしくみ。音のエネルギー密度が一様な空間は、非常に短期間で騒音の総量(パワーレベル)を短時間に測定できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]