logo

iPhoneユーザーのモバイルインターネット利用率は2倍以上--調査結果が示す数々の相関

文:Ted SchadlarForrester Research) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年11月05日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要旨

 就職している「iPhone」ユーザーは、就職している「BlackBerry」「Palm」「Windows Mobile」デバイスなどのユーザーに比べ、携帯電話機からインターネットにアクセスする人の割合が2倍以上多い。このデータは、iPhoneがモバイルインターネットの利用を促進することを証明しているわけではないが、iPhoneの所有とモバイルインターネットアクセスとの間には高い相関関係がある。したがってForrester Researchは、iPhoneユーザーが携帯電話機からブラウザやリッチインターネットアプリケーションを使って企業リソースへアクセスすることも喜んで受け入れるだろうと考えている。可能性のあるものには、従業員向けポータルやビジネスデータ、そしてウェブカンファレンスやチームサイトなどのアプリケーションがある。

iPhoneユーザーの行動はほかと異なる

 Forresterは先ごろ、企業におけるiPhoneの利用に関して、一連のケーススタディを発表した(注1を参照)。その中で、Kraft FoodsやOracleなど3社から、ビジネス環境でiPhoneをサポートするに至った動機や、これまでに学んだ教訓(良かったことと悪かったこと)について話を聞くことができた。

 これらの企業が挙げた大きな動機の1つと、事例によるデータポイントは、仕事でiPhoneを使うことに対する従業員の意欲だった。一部の事例では、従業員が自分でiPhoneを購入し、仕事上のニーズと消費者としてのニーズの両方に1台の携帯電話機で対応できるという利点を見出している。

 これを受けて、iPhoneユーザーの行動がほかのスマートフォンユーザーと異なるかどうかについて、詳細に調べることにした。この分析を行うに当たり、Forresterの「North American Technographics® Benchmark Survey, 2008」のデータを利用した。この調査は2008年の1〜2月に実施されたもので、米国の就職している成人から3万2228件の完全な回答を得た。iPhoneは同調査の時点で発売されてから1年もたっていなかったが、回答した就職している成人の中でiPhoneユーザーは267人だった。また、何らかのスマートフォンのユーザーは4314人だった。

 本レポートにおいては、次の2つの点に注意してほしい。第1に、調査の時点では、iPhoneの価格は500ドル以上だった。AT&Tは現在、改良版である「iPhone 3G」を2年間のデータプランと併せて99ドルで販売している。第2に、調査を行ったとき、iPhoneは発売されてから6カ月しかたっていなかった。2009年にこのデータを確認する際、ユーザー層と行動がどのように変化したか調査する予定だ。

 分析の結果、就職しているiPhoneユーザーの行動に定量的な相違点があることが分かった。特に、iPhoneユーザーはモバイルデバイスからインターネットにアクセスする人の割合が非常に高い。さらに、勤務先のネットワークに接続している時間は長いが、ノートPCを自宅に持ち帰る人は少ないことも分かった。

 つまり、就職しているiPhoneユーザーは全体として、携帯電話機の使い方や企業リソースとの関係という点で、ほかのスマートフォンのユーザーと異なる行動をとる。

iPhoneユーザーは全体として、ほかのスマートフォンのユーザーよりも裕福で若い

 就職しているiPhoneユーザーは全体として、平均的な携帯電話ユーザーよりも裕福な層に属しているが、これは驚くべきことではない。しかし、就職している初期のiPhoneユーザーが、平均的なスマートフォンユーザー(BlackBerryやPalm、Windows Mobileデバイスのユーザーを含む)より若く裕福であることは、少し意外だった(図1を参照)。

  • スマートフォン利用の中心となっている世代は、ジェネレーションXだ。携帯電話はメインストリームの地位を獲得し、就職している携帯電話ユーザーの数が就業人口全体とほぼ一致するようになった。しかし、BlackBerryやPalm、Windows Mobile、iPhoneなど、フルキーボード、タッチスクリーン、文書閲覧機能を搭載した携帯電話であるスマートフォンは、それほど普及していない。その中でもジェネレーションXは、就職しているスマートフォンユーザーの主要なグループだ。スマートフォンユーザーの2人に1人は、ジェネレーションXに属している。
  • iPhoneは、ほかのスマートフォンよりも、ジェネレーションY(18〜28才の人々)を多く惹き付けている。スマートフォンユーザー全体の分布とは対照的に、就職しているジェネレーションYにiPhoneユーザーが多い。スマートフォンユーザーの22%がジェネレーションYであるのに対し、iPhoneユーザーは約3分の1がジェネレーションYに属している。
  • 就職しているiPhoneユーザーは、比較的若いが、教育水準が高く裕福だ。この違いはおそらく、この調査を実施したときにはiPhoneがまだ高価で、AT&Tのデータプランによる販売奨励金がなかったことに起因していると思われる。それでも、初期の就職しているiPhoneユーザーがほかのスマートフォンユーザーよりも若くて裕福だというのは異例なことだ。時間がたつにつれて、iPhoneユーザーもほかのスマートフォンユーザーと同じようになっていくだろう。
図1:iPhoneユーザーは全体として、より裕福で年齢も若い

-PR-企画特集