「Windows 7を業界はどうみる?」--ECサイト編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows XP」の発売から約8年、「Windows Vista」の発売から約3年を経て、ついに発売される「Windows 7」。その魅力やPC市場・業界へのインパクトについて、ECサイト業界のリーダーに聞いた。(五十音順・敬称略)

  • 宇佐美進典
    宇佐美進典 (ECナビ 代表取締役CEO)

     会社ではVistaへの移行はせずに、Windows XPをメインに利用しているし、それほど大きな不満はないため、Windows7に関しては特に興味はない。

     OSに関しては、シンプルな機能に特化させて、バージョンアップするまでの期間をもっと長くして欲しい。

  • 鎌田 剛
    鎌田 剛 (カカクコム メディアクリエイティブ部 部長 兼 執行役員)

     Windows 7のOSとしての内容自体は、Windows Vistaで指摘されたさまざまな問題点を解消した一種のマイナーバージョンアップのようなものだと見ている。

     しかし、Windows 7の購入意向などについてのアンケート調査「価格.comリサーチ」の結果を見ても、ユーザーのWindows 7に対する期待は決して低くはない。多くのWindowsユーザーは、より安定してサクサクと動くOSを求めており、そういう点で見るとWindows 7の完成度はかなり高いレベルと言えるだろう。

     「MacOS X Snow Leopard」のようにOSの機能における「Fun」の部分はいささか弱いと言わざるを得ないが、求めるものの質が違うのだから一概に比較はできない。Windows 7については、そこそこ及第点を確保するOSになるのではないかと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加