logo

桃井はるこ「新しいOSが出る日はお祭り」--祝福されるWindows 7

田中好伸(編集部)2009年10月22日 17時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新OS「Windows 7」の一般販売が始まった10月22日、東京・秋葉原のヨドバシカメラマルチメディアAkibaは、朝8時から販売イベントを開催した。このイベントでは、タレントの桃井はるこさんとアスキー総合研究所所長の遠藤諭氏(元月刊アスキー編集長)によるトークショーが行われた。

桃井はるこさん 左腕にWindows 7のシールを貼っていた桃井はるこさん

 アニメやゲーム、PCに詳しい桃井さんは、「オタク、ギークにとって新しいOSが出る日は“お祭り”」と語り、前日夜の秋葉原での深夜販売に来ていたという。「夜12時前には緊張感を感じていましたけど、友達と話しているうちにカウントダウンが終わってしまい、グダグダでした」と深夜販売イベントを振り返っていた。

 「12時を過ぎてからは、『明けましておめでとうございます』と挨拶を交わしていました」

 遠藤氏はWindows 7をRC版から使っていて、「ものすごく使いやすくなっている」と評価している。また遠藤氏は、Windows 7について「ユーザーインターフェースが使いやすくなっているという表の変化もあるが、中身も結構変わっている。センサーデバイスと連携させて“センサーOS”という使い方もできるようになっている」と説明した。

矢口真里さん 「パソコンにはあまり詳しくない」という矢口真里さん

 桃井さんと遠藤氏のトークショーの後には、タレントの矢口真里さんが登場、Windows 7に搭載された機能についての説明を受けていた。

 「VAIOを外に持ち歩き、ブログの更新していて、目標は1日5回です」という矢口さんは、Windows 7から搭載された「スナップ」や「ライブタスクバープレビュー」の操作を見て「速っ」と驚き、「Aeroシェイク」や「Aeroプレビュー」の操作を見て「すごっ」と、Windows 7のユーザビリティ向上に注目していた。そうした機能を説明された矢口さんは、「このスピードだったら、1日10回更新できそうです」と期待を寄せていた。

Steven Sinofsky氏 Steven Sinofsky氏はブログに載せる動画を撮影していた

 イベントには、米MicrosoftでWindowsとWindows Liveを担当するSteven Sinofsky氏とマイクロソフト副社長の堂山昌司氏が来ており、Sinofsky氏は挨拶の中で「Windows 7はユーザーの要望に最大限応えている」と、ユーザー視点で開発されたことを強調していた(ちなみに、Sinofsky氏は、動画をブログに載せるためにイベントの様子を撮影していた)。

 イベントが行われたヨドバシカメラの代表取締役の藤沢昭和氏も挨拶しており、「Windows 7は業界を盛り上げてくれる起爆剤になる」と、Windows 7のビジネスとしての成功に期待していることを明かした。

-PR-企画特集